浜田省吾さんの詞は魅力だ。

ねこ、浜田省吾、歌詞、美しい一夜

浜田省吾さんの創る詞は魅力あるなーと思ってまして、今回はその辺りをちょっと書いてみます。

ちなみにトップの画像は、うちのねこのコタロウにサングラスで浜省?

 

コタロウの紹介写真

 

と、その前に。
お詫びしなきゃならないことがある。

まず私は浜田省吾さんにお詫びしなきゃならない。

ずっと前から、そう思っていた、、、。

 

浜田さんが創ったアルバムはどれも素晴らしい。

ところが、そんな素晴らしいアルバムCDのひとつを私は無くしてしまっている。

 

浜田省吾さんの2枚組アルバム『J.BOY』(1986年発表) ってありますよね。

今もライブで盛り上がる曲『J.BOY』が納められた、彼を代表するアルバムです。

私も持ってますよ。ほら。
浜田省吾、JBOY、アルバム
ほらほら。
浜田省吾、JBOY、アルバム、中身
おや? Disc1 が入っておりませんが?

ごめんなさい。

どっかいっちゃいました、Disc1 。

どんだけ探しても見つからなかった。

完全に無くしました。

ほんとうに、ごめんなさい。

、、、Disc2 はありますからね。

美しい一夜。

さて、浜田省吾さんのアルバムで 2015年に発売の『 旅するソングライター 』は、私が気に入っているアルバムのひとつです。
浜田省吾、旅するソングライター、アルバム
そしてそのアルバムに収録されている曲『美しい一夜(うつくしいひとよ)』に私はグッとくる。

歌詞の一部を引用しますね。

美しい一夜

踊る君の手をとって スローなバラードに体寄せて

踊る心感じてる 出会った頃のまま

美しい一夜 忘れない今も

作:浜田省吾

いい。

メロディも歌声もないから、ちょっと伝わらないかもしれませんが。

いい詞だな、、、まあ私にはこんな詞は書けないな。

浜田省吾さんの曲って。

先ほどの歌詞をみるとバラードの中で踊る二人の描写に思えるんですが、曲を最後まで聴いていくと、二人で踊ったことを思い出しているのかな?と思えたり、もっと深い意味がありそうだと思えたり、、、。

浜田さんの曲(歌詞)って読み解くのが難しいな、と思うことがよくある。

単に私の読解力が乏しいのかもしれませんが、、、泣。

はて?どういうことを歌っているんだろう?って思う。

だから曲を聴いてあれこれ推察する。

推察するうちに、だんだんと物語ができあがってきて、しだいにその情景も浮かび始め、そしていつしか自らの物語に想えてくる。

そう、こうやって推察させるところが彼の詞の良さだと私は思う。

さらには聴き手に物語を想わせる上手さもある。

 

まあ、ちょっと分かりづらい歌詞だなってところもありますがね。

じゃあ分かりやすい歌詞で。

もっと分かりやすい歌詞だったらどうなんだろう。

さっきの美しい一夜の歌詞をこんな感じにしたら

僕は君が好き。

今もずっと君が好き。

君のことが頭から離れないんだ。

まあストレートで直接ですね。

気持ちに等しい言葉を使ってますから、伝わる文章なわけで

間違っちゃあいないけどー

正確すぎる表現で、浮かぶ情景のパターンが少なくて物足りない。

 

まあどんな歌詞がいいかは人それぞれですけど、、、。

私には浜田省吾さんの「 ちょっと分かりづらい歌詞 」が魅力だ。

文章の難しさと素晴らしさ。

近ごろの浜田省吾さんの曲には、ストレートな歌詞や表現も増えてきたのかなと思うこともある。ところがストレートだなと思っていても、聴き手にとっての物語を想わせるように、言葉を、文章を組み立ててくる。

とくに難しい単語などなくても言葉の選び方や使い方で、みごとに文章を創り上げる。

 

私もこうやってブログを書いているのだが、文章を書く難しさと素晴らしさに気づいてくる。そして日本語の豊かさ奥深さに、今更だが気づく。

こういった書籍が私のバイブルとなっている。
日本語の作文技術、本多勝一

浜省アルバムとコタロウ