ブラッシング嫌いなねこが、ブラッシング最高!となったときがあった。

チイとブラシ

こちら、わが家のねこ用ブラシたち。
ブラシたち
けっこう有名な「ファーミネーター」。ええ、持ってます。
ファーミネーター

ねこたちが喜ぶブラシはないものか?

うちのねこたちはブラシがあんまり好きではない。どちらかと言えばキライ。飼い主としては、ねこたちが喜んでくれるブラシはないものかと思います。そんな思いからでしょう。ペットショップで「おっ。よさそうなブラシ。買おう。」とか、ネットでブラッシングの調査中「このブラシを使えば、ねこちゃんウットリにちがいなーい。買いだ!アマゾンだ。楽天だ。あったあった。ポチポチ。」などなど。

そして新しいブラシを手に「これならば。」と期待もふくらむ。

飼い主「期待満々でブラッシング!」。ねこ「ブラシ?イヤだね!」。

そう。期待外れ。こんなことが続き。もうブラシの衝動買いは止めよう。そう思いました。

コームはとくに人気がない。ダメなようだ。金属ギラギラっぽいのがダメ?こまかーい毛先が毛虫みたいでダメ?ともかくダメみたいで、体をやさしく撫でるようにブラシをあててもイヤだという。あと、鳴り物入りで買ったファーミネーターも不人気。あー残念。

それほど嫌いじゃないブラシもある。

こういったブラシ。いわゆる「ピンブラシ」。これなら、そこそこブラッシング可能。ちなみに、このブラシは雑誌「ねこのきもち」のおまけ。
ピンブラシ

ブラッシングで気を付けること。

ブラシの問題ではなく、ブラッシングする飼い主が嫌がられているかもしれないぞ。ブラッシングでねこたちがイヤだと思うのは、次のようなこと。気を付けるようにしている。

  1. しつこくされるのはイヤ。
  2. 気分じゃないのに、無理にされるのはイヤ。
  3. 骨が出っ張ってるとこにブラシはイヤ。
  4. ブラシを皮膚に強くあてるのはイヤ。
  5. 絡まった毛(毛玉)にブラシはイヤ。

子猫のころからブラッシングには慣れさせておくべき。

うちのねこたちのブラッシングチャンスは少ない。ねこたちがその気になっているときに、ササッと少しづつでもブラッシングするようにしている。そんな時、よく思うのが ”子猫のころもっとブラッシングに慣れさせておくんだった。” ということ。ここでしっかりブラッシング好きにしておけば、さぞかし楽だったろうに。

体に毛玉があるときはブラッシングを嫌がる傾向。

毛玉にブラシが引っかかると皮膚が引っ張られて、そりゃ嫌でしょう。それに体に毛玉ができてるときって毛玉が気になるのか、ちょっと神経質になってる。そうするとブラッシングをさらに嫌がる。ブラッシングできないと、毛玉が大きくなる。毛玉が増える。・・・悪循環だね。

ブラッシング嫌いなねこが、ブラッシング最高!となったことがあった。そして気づいた。

うちのねこたちは長毛ねこ。毛の絡まり、毛玉はできやすいのだが、ある時、毛がふさふさ・さらさらになったことがある。しかも全員(3匹)。毛の絡まりなんて一切なし。ここまでの毛艶・ふさふさ・さらさらは初めてじゃないかって思った。すげー「ふささら」じゃん。

その時です!ふささらの時ブラッシングしたら「気持ちいいー。ブラッシングは最高にゃ!」ってなったんですよ。ねこたち。いやー感動しましたよ。あの時は。

でも、ふさふさ・さらさらの時代はそう長くは続かなかった。ひと月くらいでいつもの毛並みにもどった。これからはお互い楽しくブラッシングできるよな。ねこたち。って喜んでいたのに。

でもこのとき気づきましたよ。

ふさふさ・さらさらした毛並みのとき、ねこたちはブラッシングを嫌がらない。

それに毛並みがいいと、気持ちよさそうで、いつもご機嫌なようすでした。ほんと気持ちよさそうに過ごしてた。

なんで、ふさふさ・さらさらになったんだ?

またあの毛並みにもどしたいのだが。どうしてあんな毛並みになったんだろう。そこんところがはっきりしない。

季節(換毛期とか)か?空調(気温・湿度)か?いろんな要因ありそうだけど。

たぶんエサじゃないかとにらんでる。

あの頃、少しエサに変化があったと思う。エサについてはあれこれ苦労するところで、いつまでも試行錯誤しているが、なにか毛並みにヒットしたエサがあったんじゃないかな。エサの種類や量で毛並みがどうなるか?今、試してるところなので、また改めて記事にしてみようと考え中。

先日、久々に新しいブラシを買ってみました。さっそくチイに食いつかれていますね。
ピンブラシに食いつくチイ