猫のお尻が汚れる前にお尻の毛をカットします

猫のお尻の毛をカット

これより
メインクーンのお尻の毛を

カットします!

理由は
お尻の毛にウンチがつくから。

わが家のメス猫「チイ」
お尻にウンチがくっついていることがあります。

ふさふさのチイが歩く

あれ?
なんかお尻にブラブラしてない?
と思いお尻をのぞき込むと

うわっ
ウンチついてる!

そんなことが
チイには起こります。

長毛猫のお尻はけっこうなモフモフになっていて、どうしてもウンチはつきやすいわけで、お尻のケアも必要になります。

ということで、メインクーン「チイ」のお尻の毛はときどきカットして、ウンチの付着を防止するようにしています。

カットにはクリッパー

クリッパーとは、、
バリカンのことです。

カットにはクリッパー
クリッパーを使う

クリッパーの良いところ

クリッパーは正しい使い方をしていればハサミのように猫の身を切る危険はないですし、何よりあっという間にカットできてしまいます。それに毛の刈高はアタッチメントを着ければ調整できるので、短くカットし過ぎる心配もありません。

猫はクリッパー平気かも

わが家の猫たちはクリッパーを初めて使ったときから、その音や振動を怖がることがありませんでした。案外、猫たちはクリッパーは平気なのかもしれません。
※すべてのクリッパーが平気なわけじゃないと思います。例えば、とんでもない大きな音を発するようなクリッパーとか、当然ですけど猫は怖がると思います。

ではカットします!

わが家でのカットの様子です。

こうやって猫のお尻にこっそりクリッパーをあててカットするのもいいんですけど、これだと猫が歩いて行っちゃってカットできなくなるパターンが多いです。

背後からお尻の毛をカット

そこでこんな対策です

猫をじっとさせる対策。
猫の頭や顔をなでなでしてあげて、猫が「おー気持ち良いわー」ってその場に立ちすくんでいる隙にカットする。

しかし問題もあります

けれど問題もあります。
猫をなでていると、じわーっとお尻が下がってきて「お座り」の格好になることがあります。これじゃお尻の毛にまったく手出しできません。じゃあ、猫のお腹に腕をまわしてお尻を持ち上げたいところですが、片手にはクリッパー、そしてもう片手では猫をなでています。手が足りません。

2人でカットがスムーズ

で、猫のお尻の毛をカットするときは
クリッパーでカットする人 と 猫をじっとさせる人 のコンビで作業をするのがスムーズです。わが家では「妻がクリッパーでカットして私は猫をコントロールしてじっとさせる」という形でやっています。

カットの成果を見てみよう

チイのお尻の毛をカットした成果を見てみます。

カット前とカット後の画像です。

チイお尻の毛カット前
カット前
チイお尻の毛カット後
カット後

もうちょっと
短くしても良かったかな・・・

今回は刈高6mmのアタッチメントを付けたクリッパーでお尻をササっとなでた程度ですからね。カットした毛の量も少なめです。

カットしたチイのお尻の毛

次は もう少し多めにカットしよう。

WAHLのクリッパー

わが家で使っているクリッパーは
WAHL(ウォール)社のBravura ブラビューラです。

Bravura ブラビューラ
WAHL Bravura

商品の詳細は
WAHL公式オンラインショップ

ちょっとお値段高めですが、、
バリカンのトップメーカーWAHL製です。
切れ味の良さ、使いやすさには満足しています。
なにより猫たちを驚かせない「低振動・静音性」が優れていると思います。

Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です